資料

カチオン電着/粉体塗装

カチオン電着/粉体塗装サカヱではファニチャー製品の一部にカチオン電着と粉体塗装を組み合わせて採用しています。
カチオン電着とは鋼材に施す防錆処理の一種で、リン酸亜鉛処理と組み合わせることで付着力の強い防錆層を形成します。狭い場所や溶接部分への付きまわりも良く、美観を求められる上塗り塗装の下地としても優秀であり、自動車ボディーの防錆処理にも広く採用されています。自動制御されたラインで作業をするため、人体への影響も無く、均一化された品質の高い防錆力を得ることが出来ます。メッキに代わる機能性の高い防錆処理として、主にベンチ類のスチール部分に採用しています。
粉体塗装は、パウダー状の塗料をシンナー等の溶媒を介さずに空気中に飛散させ、母材に付着したパウダーを加熱することにより溶解させる塗装方法です。揮発成分が無いことから環境に優しく、均一な塗膜厚は美観に優れ、防錆や防食などにも高い塗膜性能が得られるなど多くのメリットがあります。サカヱでは、主に母材を帯電させる静電法を採用し、ベンチ類の塗装には屋外使用に最適な高耐候性ポリエステルパウダーを使用しています。

合成樹脂塗装

合成樹脂塗装金属表面の耐食性を高めると共に美観性を向上させるために、あらゆる分野で幅広く利用されています。サカヱでは、用途や素材に応じてウレタン系樹脂塗装、合成樹脂焼付塗装など、最適な塗装仕上げを組み合わせています。

SWG
(サカヱウッドガード)

SWG(サカヱウッドガード)素材の変色や紫外線劣化を抑え、表面の質感を出来るだけ生かしたSWG(撥水性木材保護塗料)塗装は、空気中のホコリを含んだ雨をはじき、表面の汚れを抑え、干割れ・反り・ねじれなどの天然素材特有の短所を抑制する木材保護効果を発揮します。この塗料の使用薬剤は「薬事法」による特定化学物質に属するものは含まれておらず、ダイオキシンの発生も無い、人と環境にやさしい無害の水性塗料です。

※SWGは継続した品質改良を行っている為、仕様(塗料・色合い等)が変わる場合があります。